大学受験の勉強を効率的に進めるコツを教えます!おすすめの参考書やスタディサプリの評判など

知っておくと便利!大学受験生の英語を勉強する際の順番について

知っておくと便利!大学受験生の英語を勉強する際の順番について

 

 

英語は日本語とはまるで異なる言語ですよね。

 

本格的な英語教育が始まるのは中学からですが、最初は面白いと感じても文法が増え、単語が増え、テストは難しいし・・・と、だんだん英語に苦手意識を持つ人は多くなっていくと思います。

 

私もそうでしたし、周りにも英語が苦手とか嫌いとかいう人が多かったと思います。

 

一般受験では、おそらく英語は必ず受けることになると思います。

 

苦手なまま、なんとなくで勉強していては絶対に良い点数は出せません。

 

しかし、順序だてて勉強すれば英語は必ずできるようになります。

 

大学受験生の英語を勉強する際の順番について、ここではその方法の1つを紹介したいと思います。

 

 

 

 

・まず、単語と文法です

 

単語に関しては、中学英語レベルのものを最初に覚えましょう。

 

全ての基本は中学英語にあります。

 

基本的な文法はすべて中学で習うような単語で構成されているので、複数の意味のある単語などは特にわかりにくいと思うので、正確に覚えるようにしましょう。

 

その際、発音などもしっかり抑えることでリスニング対策にもなります。

 

文法に関しても重要なのは、中学英語の文法になります。

 

英文法のほとんどは中学英語の文法が占めています。

 

品詞の知識や準動詞、名詞節や形容動詞などの基本的な文法知識を覚えていくことで、長い英文も読み解くことができます。

 

なので、まずは中学レベルの英単語と文法をマスターしましょう。

 

 

 

 

・次は英文解釈です

 

いわゆる、SVOCMのことです。

 

どれだけ単語を覚えても、どれだけ文法を知っていたとしても、この解釈ができないと読めない英文はたくさんあります。

 

なので、教科書や持っている参考書など、なんでもいいので全てにSVCOMをつけていきましょう。

 

難しいと思う人は、中学時代のものでも構いません。

 

中学英語は解釈をつけなくてはいけないほどややこしい英文はないとは思いますが、慣れるための練習と思ってやってみてください。

 

 

 

 

センター試験レベルの短文を英文解釈できれば、高校レベルの教科書を自力で翻訳できると思います。

 

最近では英文読解書など、便利なものもあるのでそれらを探して活用するのも手です。

 

さて、ここまでマスターできれば、長文の読解は理論的には可能になります。

 

しかし実際は、慣れないとうまく理解できないこともあります。

 

長文読解の参考書などは山のようにあるので、うまく使ってくださいね。

 

特にセンター試験での長文読解は、300字程度と600字程度のレベルに分けられますので、まずは300字程度の短い英文から始めて、徐々に長文を読めるようにしていきましょう。

 

高校レベルの教科書を読み込むことができればそれでもかまいません。

 

とにかく、長文を読むことに慣れることが大事です。

 

 

知っておくと便利!大学受験生の英語を勉強する際の順番について

 

 

・まとめ

 

順番としてはまず英単語と英文法の知識を中学レベルから身につける、そのあとは英文解釈を身につける、最後は長文を読み解くことに慣れること、となります。

 

どんなことにもつながりますが、やはり基礎的な部分が出来ていなくては難しいものはできません。

 

また、わからない単語などはその都度確認し、理解したつもりにならないようにしましょう。

 

順序立てて勉強すれば英語も怖いものではありませので、ぜひ頑張ってくださいね。

 

こちらの記事も見て下さいね。

 

しっかり身につけたい!大学受験生に向けてのリスニングの勉強方法は?