大学受験の勉強を効率的に進めるコツを教えます!おすすめの参考書やスタディサプリの評判など

しっかり身につけたい!大学受験生に向けてのリスニングの勉強方法は?

しっかり身につけたい!大学受験生に向けてのリスニングの勉強方法は?

 

 

大学受験生でよくありがちなのが、日本人的な発音だけ覚えていく、英単語の発音を覚えない、音声をきかない、しかしそれではリスニング力は身につきません。

 

必要な力は文法力、表現力、聴解力の3つの柱です。

 

1・まず、文法力ですが、これは語彙力が前提となります。

 

なぜならば、英単語の意味が分からなくてはいけないからです。

 

まずは語彙力をしっかりつけるところから始めましょう。

 

2・次に表現力、これは英文の解釈と構造把握が身についていないと理解できません。

 

リスニングは返り読みができないため、比較的長い文章でも文構造がわかっていないと訳せないのです。

 

 

 

 

3・そして聴解力、つまりは英単語を聞き取る能力のことです。

 

これは英単語の発音を覚えるところから始める必要があります。

 

単語を聞いても、その単語が頭に浮かべなくては意味がありません。

 

意外に必要なのは中学英単語などの基礎単語で、それらの発音とアクセントを正しく覚えることが必要となってきます。

 

語彙力がないと試験で聞いたときに「これなんて意味?」や「なんて言った?」となり、そうなるとその後が聞き取れず、確実にアウトになってしまいます。

 

リスニングの勉強方法で大事なことは、普段の勉強と引き離さないで勉強することです。

 

なぜなら、リスニング力はリーディング力が土台となっているからです。

 

センター試験の英文程度は前から普通に訳せるような読解力を持ったうえで、発音などを完璧に聞き取ることができるような力をつけていく必要があります。

 

 

 

 

・それにはどんな勉強が必要でしょうか?

 

上記の通り語彙力を増やす、文法力をつけるなど基礎的なことが必要となってきます。

 

よくあるのが、耳を鍛えるということで英語をたくさん聞くというものですが、それは幼い子供がニュースをただ見ているのとほとんど同じです。

 

子どもはニュースを見ていても、その意味はあまり理解していないですよね。

 

大人がニュースを理解できるのは、子どもよりも語彙力が多いからであり、表現力を知っているからです。

 

それは英語も同じです。

 

語彙力がないのに、文法力がないのにいきなり難しいことから始めていては、挫折の原因になるだけになってしまいます。

 

というか、全くわからないものをなんとなく聞いていても理解できないですよね。

 

耳を慣らしたいなら、理解できる文章を聞く、そもそもの理解できる範囲を増やす、これが大事になってきます。

 

 

 

 

・あと、いい練習となるのがシャドーイングというものです。

 

単純にCDの音声の内容を追いかけるようにして自分も発音する、それだけでかなり発音が身に付きます。

 

リスニングはネイティブのスピードに慣れないといけないため、それを身につけるためにもシャドーイングは効果的となります。

 

なぜ発音するかといえば、単純に聞いてるだけでは英語は身につかないからです。

 

留学した人たちが英語を話せるようになる理由は、英語にたくさん触れているのではなく、英語を生きるために使いまくっているからにほかなりません。

 

受け身では人はあまり脳が動いていないため、覚えられないのです。

 

シャドーイングは聞いたことをそのまま言うというものでありながら、耳と頭をフル回転させなくては追い付かないため、この方法はかなりいいといえます。

 

 

しっかり身につけたい!大学受験生に向けてのリスニングの勉強方法は?

 

 

・まとめ

 

リスニングに必要なのはリスニング専用の力ではなく、英語全体の力になります。

 

リスニングを単体でとらえるのではなく、英語の普通の勉強の延長線上にあると考えればやりやすくなると思います。

 

このような記事も参考にしてみてくださいね。

 

スタディサプリの大学受験講座 その評判は?