大学受験の勉強を効率的に進めるコツを教えます!おすすめの参考書やスタディサプリの評判など

知っておきたい!大学受験生のカギとなる基礎固め勉強方法とは?

知っておきたい!大学受験生のカギとなる基礎固め勉強方法とは?

 

 

基本的に試験問題には学校で習った知識を応用した問題が中心に出ます。

 

基礎固めとは、応用問題を解けるようになるための前段階になり、わかる知識をできる知識に変えていくことがそれにあたります。

 

どんなものも基本を組み合わせますが、たかが基本、されど基本です。

 

例えば、小学校では最初に算数で足し算と引き算を覚えますが、そうしなくては九九ができないからです。

 

九九は考えなくてもスラスラ口から出るのは、基本が頭に入っているからです。

 

数学の定理や公式も、基本が頭に入っていることで問題を解いていくことができます。

 

では大学受験生のカギとなる、教科ごとの基礎固めの勉強方法を見ていきましょう。

 

 

 

 

・まず英語の基礎ですが、まずは何よりも語彙を増やすことが最優先です。

 

語彙力がない状態では先に進めません。

 

また、基本的な文法も身につけておくと良いでしょう。

 

がっつりと時間をとって覚えることも大事ですが、日々のちょっとした時間に復習したりするといいでしょう。

 

また、単語はそれ単体で覚えるよりも文章など流れの中で覚えていくと忘れにくいですね。

 

・次に国語の基礎ですが、現代文では漢字の問題が出題されます。

 

それほど難しい漢字が出るわけではないですが、確実に得点できるようにしたいですね。

 

また、漢文と古文は得点源にしたいところです。

 

古典や漢文は文法や単語を覚える必要があり、現代語とは違う意味の物もたくさんあるため、しっかりと覚えていきましょう。

 

古典の単語には、一つの単語に複数の意味を持つものが多く存在するので、気を付けた方がよいですね。

 

 

 

 

数学は、積み重ねの教科と言っていいでしょう。

 

問題を解くテクニックというよりは、どうしてその解き方になるのかをしっかり考える、そのプロセスが重要となります。

 

学校の教科書の内容を基に、学校推奨の参考書や問題集を用いて、分野ごとに基礎的な問題をしっかり解けるようにしていきましょう。

 

いきなり難しいものをやることはありません。

 

基礎固めなので、わからない部分が出てきたらわかる部分まで戻って勉強しましょう。

 

基礎が出来ている、出来ていないでセンター試験での点数がかなり変わってくるはずです。

 

理科の基礎についてです。

 

理科は大きく生物、化学、物理に分けられます。

 

 

 

 

まず生物と物理ですが、はっきり言って半分ほどは暗記がものをいう教科です。

 

なので、最初はとにかく基礎知識を叩き込みましょう。

 

これに関してもただ覚えるよりも、なぜそうなるのかということを考えながら記憶していきましょう。

 

物理に関してですが、勉強法は数学と似たり寄ったりです。

 

本当に必要な公式だけを確実に覚え、あとはひたすら実践です。

 

これもどうしてそうなるのか、という点に着目して考えながら計算していきましょう。

 

考えるプロセスを怠らないようにしましょうね。

 

社会の基礎についてです。

 

ぶっちゃけて言えばセンターを乗り切れればいいので、理系の人に関しては他の教科に比べれば力を入れすぎる必要はありません。

 

社会がどのくらいの重要度か、自分の受ける学校の傾向をしっかり確認してください。

 

 

 

 

あとはしっかりと授業を聞いておいてください。

 

しかし一方、文系の場合はそうはいきませんね。

 

社会の知識もさることながら、記述力が試されます。

 

なので、文系の人は基礎となる知識をしっかりと抑えておきましょう。

 

記述に関しては現代文の勉強でも向上するので、そちらにも力をいれましょう。

 

 

以上で基礎固めについては終わりです。

 

基礎が出来ている人こそが先に進むことのできる人です。

 

少し面倒と思うかもしれませんが、しっかり身につけていきましょう。

 

では、下記の記事も見て下さいね。

 

【知らないと損する!】大学受験生におススメ!勉強の鍵となる時間配分のコツ