大学受験の勉強を効率的に進めるコツを教えます!おすすめの参考書やスタディサプリの評判など

【驚きの結果が!】難関大学を受験する人の勉強法は?

【驚きの結果が!】難関大学を受験する人の勉強法は?

 

 

そもそも難関大学とは、東京大、京都大、東北大、筑波大、名古屋大、大阪大などの国公立大学、早稲田、慶応、上智、東京理科大などの私立大学です。

 

学部学科によって異なりますが、どの大学も偏差値65はかたいです。

 

東大や京都大などの国公立医学部医学科の偏差値に関しては、最低でも73である。

 

正直いって、次元が違います。

 

そもそも勉強量がすごいです!

 

少なくとも6時間、これは平均なので、してる人はもっとしています。

 

 

 

 

大阪大に合格した私の弟も、部活を引退してからは、毎日少なくとも学校以外で7時間くらいは勉強していたし、学校のない休日は半日以上勉強していました。

 

集中力の続く続かない、やる気や元々の学力など、それは個人差があります。

 

これをやれば、やっておけば大丈夫、などというものはおそらく存在しません。

 

なぜなら、あれば皆がそれを行うでしょう。

 

ないからこそ差が生まれ、合格不合格がでてくるのですからね。

 

しかしそれを言っては本末転倒というものです。

 

なので、ここでは少しでもお役に立てそうなものを挙げていきましょう。

 

 

 

 

もしかしたら当たり前のことと思うかもしれませんが・・・。

 

しかし、大阪大学に合格した弟を見ていて思うのは、当たり前の面倒かもしれないことを当たり前にこつこつやれる人が、難関大学にも合格できる人だと思っています。

 

まず普段の授業ですが、どれだけつまらない先生の授業であっても、その人が言うことをすべて理解できるくらい集中して聞きましょう。

 

これは、まさに集中力を手に入れるための練習みたいなものです。

 

理解するにしても間違いを探すにしても、それには集中力がないといけませんからね。

 

重要なのは全部を丸ごと覚えるのではなく、考えていくことです。

 

考えて理解したことの方が、ただ覚えたことよりも忘れにくいからです。

 

これが難関大学であってもなくても、いわゆる基礎的な部分です。

 

これを毎日の授業で養っていきましょう。

 

 

 

 

次ですが、やはり暗記は重要ですね。

 

考えることは忘れにくいといいましたが、暗記もそうです。

 

ただ覚えたい単語をただそうだと認識していては、いつまでも覚えられないと思います。

 

例えば、英単語です。

 

英単語を覚える際、やることと言えばスペルと読み方、意味の3つですよね。

 

1回で30個の英単語を覚えるとして、一度頭に刻み込んだものを一度も復習せずに次の週まで覚えていられる人がいるでしょうか。

 

天才でもない限り、正直不可能だと思います。

 

ではどうするかといいますと、忘れる前に思い出せばいいのです。

 

めんどくさい・・・と思う人もいるかもしれませんが、別にもう一度全く同じように書いたり、なんだかんだする必要はありません。

 

ただ思い出せばいいのです。

 

 

 

 

30個の単語でもしっかり最初に覚えていれば、1つの単語を思い出すのに1秒くらいだと思いますので、30個思い出すのに30秒です。

 

たった30秒で復習ができると思えば、面倒なことでもありませんね。

 

復習は時間をかけることよりも、回数を重ねることが重要だと思います。

 

もちろん、隠して思い出してくださいね。

 

この些細な心掛けが長期記憶につながりますので、試してみてください。

 

上記の通り、考えないと頭に残りません。

 

数学や物理以外、国語や英語、社会、生物などの基本となるのは暗記です。

 

暗記物は、上記のようにやっていただければと思います。

 

ポイントは、考えるプロセスを設けることと、復習する回数を多くするということです。

 

生物や社会などは関連付けて覚えると、より効果的になると思います。

 

 

 

 

現代文に関しては、読解力などが必要になってきますが、数学や物理に関しては、ただ問題を解いていくのでは考える時間が少し無駄になります。

 

なぜなら、知識を覚えてそれを適用する方法を知っていれば解けるからです。

 

方法の例として、問題と条件を確認し、そのまま問題を解かずにおくのです。

 

そして、その問題の解法を普段の何気ない時間に考え、わかったら次に勉強するときに解答を作成してみます。

 

机で勉強するときの考えるプロセスを極力減らすことで、勉強の効率化を図ります。

 

まとめとして、とにかく常に考えることを意識することが大事です。

 

暗記にしても、復習を回数こなして地道にコツコツやりましょう。

 

地道にできることを増やしていくことが、難関大学合格への近道です。

 

下記の記事も参考にしてくださいね。

 

大学受験の勉強のペースが大事!年間計画の立て方は?