大学受験の勉強を効率的に進めるコツを教えます!おすすめの参考書やスタディサプリの評判など

【要チェック!】大学受験の勉強のペースが大事!年間計画の立て方は?

【要チェック!】大学受験の勉強のペースが大事!年間計画の立て方は?

 

 

大学受験の勉強は年間計画もたてておくと、目標をもって段階的に勉強を進めていくことができるため、おすすめです。

 

しかし年間計画と言われても急には立てられませんね。

 

そもそも計画など立てなくてもとりあえず頑張ればいいし、そもそも計画たててもどうせ変わるし意味ないのでは・・・と思われる方もいるかもしれません。

 

実際私はとりあえず頑張ればどうにかなると思っていたので、計画など立てませんでしたが・・・失敗でしたね。

 

その点、私の弟は大まかではあるものの計画を立てて段階的に勉強していたので、センター試験前には万全となっていました。

 

まあ実際、計画の有無でどのくらい変わるかは個人差だとは思いますが、計画たてているのといないのとでは、変わることは間違いないかなと思います。

 

 

 

 

では、まずやることは?

 

計画をたてるにはまず何より、志望校を決める必要があります。

 

決めきる必要はありませんが、3年生になる前に気になる大学の資料を集めておくといいかもしれませんね。

 

決める理由ですが、単純に大学によって必要な教科や対策が違うことが多いからです。

 

特にセンター試験を必要とする大学の場合、配点率の差によって、力をいれなくてはならない教科とそうではない教科がわかれます。

 

自分の第一志望の学校が、受験で何を使うのかは早めに把握しておきましょう。

 

 

【要チェック!】大学受験の勉強のペースが大事!年間計画の立て方は?

 

 

次に勉強の方です。

 

まず一学期である4月から8月は基礎力をつけましょう。

 

どんなことでも大事なのは基礎です。

 

応用問題をいきなり解いてもわかりませんし、基礎が身についていればいるほど後の勉強が楽になります。

 

また、夏休みのうちに一度でもいいので過去問を解き、自分の苦手や理解できていないことを見つけておきましょう。

 

次に9月から11月の二学期のうちは、過去問をやりつつ志望校の問題出題の傾向を探りつつ、それまで身につけた基礎力で問題演習をしっかり解いていきましょう。

 

理解しきれていないと感じたら、焦らずしっかり前に戻り、自分の弱点を見直す期間としてください。

 

また、遠方の学校を受験する場合、宿の手配なども早めにしておきましょう。

 

直前では、ほかの受験生で部屋が埋まっているという事態になるので宿の準備は早めにしましょう。

 

 

 

 

最後に12月から3月です。

 

ここまでは自分の弱点や傾向などを確認するためのツールだった過去問を、実践で戦えるようにするためのツールにします。

 

具体的には、実際に時間をはかって繰り返し解くということです。

 

また、入試直前期には必要な時に基礎事項を確認できるようにノートを作るなど、必要な知識を持ち歩くようにしましょう。

 

 

体調管理にも気をつけましょう。

 

体調が万全でなくては本来の力は発揮できません。

 

直前は人込みには近づかないようにする、マスクの着用など細心の注意を払いましょう。

 

以上で終わりです。

 

 

年間計画は、その都度最適なものに変えられるように、余裕を持って立てられるようにしておきましょう。

 

では、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

 

【詳しく知りたい!】スタディサプリの大学受験講座 その評判は?